基礎の形式

Pocket

基礎は大別すると、直接基礎と杭基礎があります。直接基礎とは、建物の重さ(荷重)を直接地盤で支える形式の基礎で、べた基礎、独立基礎、フーチング基礎などがあり、地盤が良好な場合や比較的低層の建物の場合に採用されます。杭基礎とは、軟弱な地盤における建物で、直接基礎だけでは建物を支えることができない場合に、地中深く杭を打ち込み支える基礎です。

マンション

杭基礎は、支持方式によって、支持杭と摩擦杭に分けられます。支持杭は先端を支持層に到達させ、主として杭の先端に上向きに働く先端支持力によって荷重を支える方法です。摩擦杭は先端を支持層まで到達させず、主として杭の側面と地盤との間に働く摩擦力(フリクション)によって荷重を支える方法で、支持層が深い場合に採用されます。

『N値と地耐力の関係』
N値と地耐力の関係については、地耐力(t/㎡)≒N値×0.8と考えておけばよいと言われています。

『木造建物の基礎と地耐力の関係』
平成12年の建築基準法改正(同法施行令第38条)により、次のように定められています。実は、これまで2階建て以下の木造住宅については、地盤の調査義務はありませんでした。
しかし、この法改正により事実上、地盤調査を行うことが義務化されました。逆に言うと、この年以降に建築確認申請を行った木造住宅は、基礎に関して安心度が高いということになります。一的な地盤調査の方法まい選びにあたって、地盤の良い・悪いは大きな影響を及ぼすことは言うまでもありません。地盤が悪ければ、地震の時に建物は大きく揺れますし、液状化の心配もあります。また、傾斜地などでは、地すべり・土砂崩れなども起きてしまいます。

住宅

ですから、地盤の良いところにある住宅を選ぶに越したことはないのですが、必ずしもすべての住宅が地盤の良いところにあるわけではありません。そこで、自分である程度の調査ができればそのリスクを知ることができ、住まい選びの判断に役立つと思います。地盤に関連して新築物件でチェックするポイントは・基礎の形状、杭の長さ・支持地盤・地耐力などですここでは土地に関係する支持地盤・地耐力の調査について説明します。なお、地盤の液状化と地すべりについては、別項目を設けて詳しく説明していますので、ここでは既成市街地(すでに住宅などが建てられているところ)にある土地の一般的な調査事項について説明します。

『新築物件の場合』
新築のマンションなどであれば、パンフレットなどに基礎や杭についての記載がありますし、契約前であっても売主に申し出て設計図書を見せてもらい、確認することができます。戸建住宅でも、新築物件を購入するときは基本的にマンションの場合と同じで、ボーリング調査やスウェーデン式サウンディング試験(SWS)などの結果から地耐力を調査し、設計図などからどのような基礎が使われているかを調べます(もちろん、後で述べる中古物件の場合の方法で調べることもできます)。


調布市の生活を考えていたら見つけたのがこのグランドコンシェルジュ南調布でした。
一人暮らしを検討していた私が住みやすい物件を探していたんですが,この物件はオートロック、宅配ボックスといった設備があり魅力的でした。
調布市は交通の利便性も良く,それに加えて駅近のグランドコンシェルジュ南調布は住みやすそう!

これから,兵庫県での生活を考えている方に,私がお勧めするのは,姫路市にある夢前川駅周辺の賃貸物件です。夢前川駅の周辺には,涼しさを演出してくれる川が流れています。川沿いには桜の木が植えられているので,満開の桜を見る事ができたり,落ちてしまった桜の花びらが川を流れている風景は,とても幻想的です。また,姫路市の中でも一番,家賃の相場が安く,3LDKや,4LDKの間取りのお部屋が多いので,ご家族が多い家庭でも,お部屋探しがしやすいでしょう。姫路市と言えば,世界遺産に登録されている姫路城があるので,観光地域としても人気なため,それなりに栄えているので商業施設や医療機関も充実しています。素敵なシングルライフを夢前川の賃貸で、実現させるのはどうでしょう。