戸建住宅の場合

Pocket

一般に戸建住宅の場合は、ボーリング調査は行いません。ボーリング調査を行うためには、機械を設置し、サンプリングした土を整理するために敷地にある程度の広さが必要であり、また何よりもコストが非常にかかるからです。もちろん、大型開発などの造成地やよほど地盤が悪いことがわかっている場合は別ですが、通常、ボーリングデータはないと考えたほうがよいでしょう。

では何を見るかというと、SWSなどの地耐力試験の結果です。SWSなどが行われていれば、ひとまず安心です。SWSでは、地層の種類はわかりませんが、N値や支持地盤の深さ、おおよその地下水位はわかりますので、前記のマンションの場合と同様にこれらの結果の検討を行います。ただし戸建住宅の場合は、マンションとは違って、もともと地盤が良いと知られているところなどでは地耐力の試験を行わないことがあります。
また、やや地耐力に不安があるところでは、べた基礎にすることで対処していることもあり、この場合にも地耐力試験は行われないことがあります。この場合にどうするかは、この後の「中古物件の場合」を参考にしてください。

マンション

次に、設計図で基礎の形状を調べます。布基礎かべた基礎か、杭があるか、杭がある場合はどのような杭か、地盤改良が行われているかなどを確認します。なお、このときに基礎の高さも確認しておきましょう。基礎の高さは地震とは直接関係ありませんが、湿気の遮断という意味で高いほど良いのです。


今度二十歳を迎えている方で,振袖レンタルをご検討の方必見です!一生に一回の晴れ姿,絶対失敗しないでください!
東京都には振袖がレンタルできるお店があるので、今のうちに振袖を抑えておきましょう!
東京で成人式を行う人も沢山いるので、今のうちにレンタルの振袖を見つけておかないと、自分が気に入ったデザインの物が当日になって着用することができない!なんてことになるかもしれないですよ!

年々沢山の物件が増えている世田谷区。高級住宅街として知られている世田谷区に住まいを設ける事は一つのステータスになっています。世田谷区が選ばれる理由はそれだけではありません。23区唯一の渓谷や自然公園が多い事,手厚い子育て支援サービスが受けられるところも人気の理由です。下北沢周辺ではリーズナブルな物件もあるので,若い方にも人気があります。交通面では鉄道や路線バスが充実しており,通勤や通学に非常に便利で、区内には新築一戸建ても豊富。世田谷区の新築一戸建てで、新生活をスタートしてみましょう!

大阪市の難波で賃貸マンションの新生活を考えている方はいますか。
中央区は商業面でも大阪の中枢を担っているエリアです。街の中は繁華街が集まっており,お買い物もしやすいです。また,賑やかな街の雰囲気を楽しめるようになっていますよ。
そんな中央区でも難波は賃貸マンションなどのお住まいの建設も増えているので、生活を考えるなら今ですよ。