敷地と道路の方位

Pocket

南東の角地といえば、戸建住宅では誰もが認める最高の道路付けです。しかしその分、土地の値段も高くなってしまい、購入を断念するケースもあります。そこで南側道路や東側道路の敷地を検討するのですが、必ずしもこれらが良いとは言えない場合があります。たとえば、南側道路。南側に道路がある敷地は日当たりが良いということで人気が高く、高値で取引されるのが通常です。
また、住宅展示場などのモデルルームでも朝から夕方まで各部屋が明るくなるので、ほぼ例外なく南側に道路があるとみなして計画されています(南側に玄関があるので「南入り」といいます)。
ところが、実際に南入りで計画すると、せっかくの日当たりが良い庭先を玄関アプローチや駐車場のスペースに取られてしまいます。一般に南側玄関の建物は、廊下を節約しようとすると、建物の中央に玄関・ホールがくるため、1階部分に続き部屋(和室とリビング・ダイニングなど)が計画しにくくなります。

室内

また、庭も東西に分断されてしまいます。続き部屋をつくるためや庭を分断しないために東または西に玄関を寄せると廊下が長くなり、その分、床面積が増えてしまいますので、容積率が厳しい場合や建築予算に制約がある場合には注意が必要です。次に、東側道路。敷地の東側に道路がある場合、普通の戸建住宅の1階は東側から和室、リビング・ダイニングと並び、キッチンは西端に設けられているケースが多く見られます。
キッチンを東側にくるように設計することもできなくはないですが、そうすると洗面・浴室とキッチンが離れてしまい、家事の動線が長くなり、主婦の方々の評判はあまり良くありません。このように、道路付けの方位から建物の設計上、制約が出てくるケースがあることを覚えておくとよいと思います。


断熱塗料で壁の塗り替えを考えたことがありますか?
断熱塗料と聞けばあんまり自分とは関係ないなと思う人が多いですが,マイホームやマンションの経営をしている方にはとても大切な話ですよ。
ガイナの断熱塗装を利用すれば外観が綺麗になりますし、雨風に強くなり断熱もしてくれるため建物の寿命が延びたり,生活しやすくなりますよ。
ぜひ、ガイナについて考えてみてください。

今人気が急上昇している北千住エリア。そんな北千住エリアで新しい生活を始めてみませんか?北千住エリアは,下町のような雰囲気が流れていて,なんだか過ごしやすいエリアとなっています。交通アクセスにも優れているので、北千住で不動産物件を探す方も多くいらっしゃいます。あなたもそんな北千住エリアで不動産物件を見つけてみませんか?

引っ越しを検討中の方はぜひ宝塚市の逆瀬川駅周辺で賃貸物件について調べてみませんか?逆瀬川駅周辺はかなり雰囲気がよいエリアでもありますし、お店もかなりの数揃っているのでかなり生活環境は優れたエリアなんです。
宝塚市に設置された駅でもあるから,歌劇団とも出会なんてこともできるかもしれません。
宝塚市で賃貸物件を探すなら、逆瀬川駅がオススメですよ!