なぜ埋蔵文化財包蔵地に注意するのか

Pocket

埋蔵文化財包蔵地に注意するのはなぜかというと、資産価値に大きなマイナスの影響を与えることがあるからです。一般に、埋蔵文化財包蔵地は、次のような問題を抱えています。①建築などを行う前に届出が必要②教育委員会により試掘が行われる③試掘の結果、遺跡等が発見された場合には、本調査(発掘調査)が行われる④試掘の結果、予定建築物の変更や土地の現状維持が課せられることもある⑤発掘調査の結果は、資料として冊子にまとめられる⑥発掘調査は、遺跡を破壊させないために刷毛などを用いて少しずつ人力で行うそのため、非常に時間と費用がかかる⑦発掘調査が終わるまで建築などに着手できない⑧これらの費用のすべては、土地所有者の負担になる。

資料

ただし、個人の専用住宅に限り、行政側が費用を負担するなど補助制度がある対象物件の所在地が埋蔵文化財包蔵地に指定されているかどうかは、以上により、宅地建物取引業法第47条の関連事項に該当しますし、重要事項として説明もあります。マンションや新築戸建住宅の場合は、埋蔵文化財包蔵地であっても開発のときにすでに発掘などが終わっているので、大きな問題はありません。

しかし、中古戸建住宅や更地(土地)を購入する予定の方は、対象物件所在地が周知の埋蔵文化財包蔵地である場合はもちろん、埋蔵文化財包蔵地でなくても、それに隣接するか、その付近に対象地が所在する場合も届け出なければならないことがあるので、注意しなければなりません。中古戸建住宅の場合に更地と同様に注意が必要なのは、建替えや増築なども考慮して購入するケースです。
文化財保護法で埋蔵文化財に関する規定が強化されたのは昭和50年のことですが、それ以前に建てられた建物などの敷地は、周知の埋蔵文化財包蔵地にあっても発掘調査が行われていないことが非常に多いのです。そしてその場合には、現在建物が建っていても、建替え時には届出をして試掘等が行われる場合があるのです。また増築の場合も、増築される予定の建物の基礎部分の土地が試掘等の対象となります。

例外は、高層の建物が敷地いっぱいに建てられていた場合で、この場合には、鉄筋コンクリートの基礎によってすでに遺跡が破壊されているものとして行政側もあきらめてくれます。個人の専用住宅の場合、最終的に費用は行政側が持つにしても、届出の手間ひまや建築着工の遅れなど土地所有者に不利益がありますので、注意すべきです。

住宅

なお、対象物件の所在地に周知の埋蔵文化財包蔵の指定がない場合でも、その付近に位置するときは届出が必要になる場合があり、試掘の結果遺跡が発見されれば以上の制限があることは言うまでもありません。不動産鑑定評価基準でも埋蔵文化財包蔵地を非常に気にしており、留意事項として次のように述べています。コンパクトに資産価値への影響をまとめていますので紹介しておきます。


文京区と言えば勉強面や文化面で注目されている町ですよね。
東京にありながらも落ち着いた雰囲気があり,若者も多いので賑やかでもあります。そんな文京区なら賃貸の生活を考えるのも良いですよね。
文京区の賃貸なら一人暮らし向けの物件も多いのでおすすめです。

豊かな自然環境に恵まれていて,数々の文化財が残っている奈良県。観光地として人気があって,国内外からの観光客で賑わいをみせています。
そんな奈良県になりますが,住み良い環境が整っていて,住みたい街としても高い人気を誇っています。県内は交通機関が充実しているので,交通面で不便な思いをすることがありません。
また,商業施設や公共施設などの生活利便施設が充実しているので,快適な暮らしを送ることができるでしょう。
そんな奈良県でマンションの購入について検討しませんか?
ネットから奈良県内のマンション情報について確認することができます。数々のマンション情報から,ご希望の物件や気になる物件などがあったらせひ今すぐにでも連絡をしましょう!

マンションの購入を考えている方。交通アクセスに優れている青山エリアで、マンションを探しましょう。自然環境が多く、商業施設も充実している青山エリア。住んでいる人の満足度も高く、シングルからファミリー向けまで。様々な物件が揃っています。そんな
青山でマンションを探してみるのはどうでしょうか。